スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
言葉より人間性
皆さんは「あの人の為なら…」とか「お前が言うなら仕方ないか…」ということを判断材料に行動を起こした経験ありませんか?

先日の自然体バレー塾in栃木で、この事を証明する(?)ような言葉を聞いたので紹介します。

それは、「人は言葉では動かない。人(人間性)で動く」というモノでした。

何かを伝えようと思ったとき、何か行動を起こしてもらおうと思ったとき、色んな言葉を駆使しても聴いてもらえなかったら意味ないですよね。この「聴いてもらう」ことが出来るのは、やはり自分を認めて貰っているからであり、少なからず心を許して貰っているからなんじゃないかと思うんです。

逆に、そういう関係が出来ていれば「チョッと無理なお願い」でも、きいてもらえるんですよね。

この言葉を聴いた時、クラブを運営していく上でも、営業という仕事の上でも、(もちろん普通の生活でも…ですが)あらゆる場面で人と関わっている私は「常に心に留めておかなければならない」と思いました。

そのためにも、おごることなく謙虚に、そして普通に振る舞うことが大切なんでしょうね。気をつけなきゃなぁ…。
| 0316 | 20:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:13 | - | - |
Comment
なるほど。
魅力ある人間性を持つ人になる必要アリ、ってことですね。

しかし、魅力とは受け手の感受性に左右される部分でもあり、どうやったらそこを刺激できるのか?難しいところですよね(汗)
Posted by: ぎがを |at: 2011/03/03 7:39 AM
>ぎがをさん
確かに、受け入れてもらえる要素を「魅力的かどうか」と考えると難しいですね。でも、私が考える必要な要素って「誠実かどうか」なんです。
だから、特別な事じゃなく、人から見て「当たり前の事を当たり前にやれているか」が大事なんじゃないかなぁ…と思っています。
ま、それはそれで難し面もあるんですけどね(笑)
Posted by: 0316 |at: 2011/03/03 9:57 PM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode