スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
わんぱく処方箋 6
お父さん・お母さんのための「わんぱく処方箋」6
(Voice!2009年10月10日号に掲載)

この文章を読んでいる親世代の人達の中で「ガキ大将」という存在を、実体験で知っている人はどこくらいいるでしょうか。

何故こんな問いかけから始まったかというと、子供達の「運動スキル低下」の一つの要因として「ガキ大将の不在」があげられているからなんです。

講師の先生の言葉をそのまま借りれば「昔は地域のガキ大将や上級生が遊びの中で体の使い方や運動スキルを教えていた」んだそうで、現在の、外で体を動かしたり異年齢児が一緒に遊んだりする機会が少なくなっていることを「危惧している」とのことでした。

教えられるより、自分から興味を持ったものの方が覚えが良かったりしますから、身近に良い手本があった昔の子供達は自然と体の使い方を習得していたんでしょうね。しかも「遊びの中」ですから、今の子供達が比較的苦手と言われている「逆さになる」「転がる」「回る」「這う」という動きも、あらゆる場面で経験できたんだと思います。

先月や先々月の話題にも繋がる話ですが、特に小さい頃は色んな運動をさせることが重要です。日頃のチョッとした遊びでも「歩く」「走る」「跳ぶ」「掴む」「投げる」「蹴る」「運ぶ」「押す」「引く」「ぶら下がる」「バランスをとる」という運動スキルはトレーニングできますから、これを機に童心にかえり子供と一緒に昔遊びで楽しんでみてはいかがでしょうか。


それでは、また明日。
| 0316 | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 06:37 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode