スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
わんぱく処方箋 3
お父さん・お母さんのための「わんぱく処方箋」3
(Voice!2009年7月11日号に掲載)

前回「小学生の頃は、どれだけ神経系に刺激を与えることができるかが重要」ということを紹介しましたが、この「神経系に刺激をあたえる」ことを目的とした運動をコーディネーショントレーニングと言います。

コーディネーションというのは、体を動かす時の「外部からの刺激を受けて、それを処理して判断し、体を動かす指令を出す」という一連の流れを制御する能力のことで、この能力が高ければ自分の体を「巧みに動かす」ことが出来る訳です。

そして、そのトレーニングの一つとして行われるのが、いわゆる昔遊びと言われるものなんです。

例えば「鬼ごっこ」は、鬼と自分の位置や逃げられる空間を瞬時に判断することで定位(空間認知)能力を、鬼から逃げることで反応能力を、逃げたり・捕まえる時にフェイントをかけることで変換能力などを養うことが出来るんですね。

その他「お手玉」では識別能力(今は分化能力と言います)やリズム能力を、「木登り」ではバランス能力や連結能力をトレーニングできるそうです。

コーディネーション能力は、年齢に関係なく向上させられるそうなので、大人も子供も一緒に楽しく遊びながら、能力アップしてみてはいかがでしょうか。


それでは、また明日。
| 0316 | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:48 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode